物忘れの原因と対策|サプリメントでばっちり解決する

忘れっぽくなった

笑顔

加齢により物忘れがひどくなった場合、かつてはすぐに老人性痴ほう症と判断される傾向にありました。老人性痴ほう症とは現在でいう認知症のことですが、そもそも加齢による物忘れと認知症とはまた違うものです。しかし少しでも不安な場合は、脳神経外科などで検査を受けることが望ましいでしょう。ところで以前は物忘れや老人性痴ほう症の予防や治療には、大豆や卵に含まれているレシチンが主な有効成分とされていました。次に青魚に含まれている成分のDHAが注目され始めるようになりました。そして現在では他にもたくさん脳に効果的な成分が登場するようになりました。またこれらの成分が複数含まれているサプリメントも登場し、より脳の健康に効果的な商品が販売されるようになったのです。

ところで脳内環境を改善するさまざまな有効成分の一つに、イチョウの葉エキスというものがあります。イチョウの葉は脳内に張り巡らされている血管により多くの血液を行き渡らせることで、脳細胞を活性化し脳の活動を正常化させる働きがあります。物忘れや認知症の原因の一つに、脳内にできた血栓により脳の血流が悪くなることが挙げられています。イチョウの葉はもともと冷え性に効果のあるサプリメントとして注目されていましたが、脳内の巡りも良くする効果があるということで注目を浴びるようになりました。最近では脳内環境を改善するサプリメントや健康食品にも配合されています。ところで脳の働きを良くするためには脳内の血流を促すだけでなく、記憶力を高めたり脳の神経伝達物質を作る時に必要な成分も補う必要があります。また高齢者にも摂取しやすいように工夫する必要もあります。最近グルコサミンを配合してウエハースが登場しましたが、今後は脳内環境を改善する成分を配合した、お菓子やドリンクタイプのものも登場することが考えられます。